【みつば組・分園つくし組】水遊び楽しいね!

今年は感染症対策をしながらの

水あそびですが

水に親しみ

感触を十分に味わうことができるように

工夫して様々な水遊びを行っています。

 

園庭は桜の葉が生い茂り

心地よい日陰の下、水遊びをしています。

全体

シャワー

 

 

水遊びする中でも

それぞれが感性豊かに楽しんでいますよ。

 

 

水したたる

「お水がポタポタ垂れてきて気持ちいい~」

 

 

 

水叩く

「叩くと水しぶきが跳ねて楽しい!!」

 

 

DSCF6141

「あひるさん、プカプカ」

 

色水

「ぎゅっと握ると、水が出るんだ!!」

 

 

泡遊び

「あわあわつかまえた!!」

 

今年は残暑が厳しく

子どもたちにとっては

楽しい夏の活動がたくさんできました!

すずめ組~きゅうりの塩昆布漬けを作ってみよう~

すずめ組で育てていたきゅうりが大きくなったので

収穫して食べることにしました。

今まで味噌やマヨネーズにつけたり

漬け物にしたり様々な味付けをして食べました。

今回はみんなが美味しい美味しいと熱中症対策として

食べている塩昆布で味付けをしてみることにしました。

「どんな味になるんだろう」と

期待を膨らませ保育者が調理している様子を

真剣に見ていました。

  DSCF4807

切ったきゅうりを袋に入れて

塩と塩昆布を入れ

子どもたちも実際に揉むところを体験しました。

DSCF4811

「美味しくなぁれ美味しくなぁれ」と言いながら

順番に味がよく染み込むように揉みました。

みんなで試食してみると・・・

「しょっぱい味がする」

「昆布がついていて美味しい」

それぞれ感じたことを伝えてくれました。

DSCF4817

みんなで話し、残ったきゅうりはつばめさんや

ひばりさんなどの他のクラスの友達にも

食べてもらうことにしました。

給食で出してもらうと

他のクラスの友達からも

「美味しかったよ」と言われ

嬉しそうに

「またたくさんきゅうりが採れたら

みんなで食べたいね」と話していました。

 

 

 

コーナー遊び~砂場~

みんな大好き砂遊び。

 

砂は

スコップで掘ると、穴が掘れて

積み上げれば山になり

丸めれば団子になり と、

子どものイメージが 形として現れ、

様々なものに 見立てることができます。

その魅力が子どもたちを夢中にしています。

 

コーナー遊び開始と同時に

ボウルや計量カップ、泡だて器など

普段家庭の台所で使っているようなものも 用意し

水も自由に使うことが 出来るようになりました。

 

2歳児はそれぞれが好きな入れ物を使って

お料理したり

DSCF1288

幼児クラスの子どもたちは

ボウルに砂と水をいれて 泡だて器で混ぜて

お料理して 保育者や友達に振舞っています。

 

別の日には、竹筒を用意しておくと・・・

『水を流してみよう!』と

子ども達の試行錯誤が始まりました。

砂遊び 竹

「そっちにつなげてみようよ!」

「水を流したけど、こっちまでこない!!」

「なんでだろう?」

(よく見ると、竹筒の下には橋脚代わりの

ボウルが!)

あるものを工夫して使い、友だちと相談しながら

目標を達成しようとする姿が見られましたよ。

 

最近は穴掘りブームになり、中から

「化石発見!!」

「化石」を見つけるために

夢中になって砂場を掘り進めています。

 DSCF1300

様々な遊びが展開される砂場。

また面白い遊びがあった時には

紹介したいと思います!